ほんのりと怖い話。

ほんのりと怖い話を日々更新して逝きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

…カラノデンワ

A、B、Cの三人が卒業旅行でAの別荘に遊びに行った。
別荘から帰る前日、夜遅く三人で話をしていると、突然1本の電話が。
Aが言うには昼間に地元の女の子と知り合い、この別荘の電話番号を教えたとのこと。
Aは二人にからかわれながらも受話器を取った。

「あなた…キュルキュルキュル…でしょ?」

その女性とは違うらしいと思ったAは「どなたですか?」と尋ねたが、
受話器からは「あなた…キュルキュルキュル…でしょ?」と繰り返されているだけ。
気味が悪くなったAは電話を切った。
誰だったのかと尋ねる二人にAは電話のことを話した。
「女の声で、ずっと『あなた…キュルキュルキュル…でしょ?』って言ってるんだよ。
 まるでテープの早送りみたいにキュルキュルって…」
皆何か気味の悪いものを感じたが、結局はいたずら電話だということに落ち着いた。

帰る当日、Aは別荘に残るといい、BとCは自宅へと戻った。
その夜、Cのもとへ1本の電話が。それはAが海で溺れて死んだという知らせだった。

それから1年がたち、CはしだいにAのことを忘れていった。
そんなある日、ほとんど連絡のなかったBからCに電話がかかってきた。
懐かしい友人からの電話に喜ぶCだったが、Bはどうも気分がすぐれない様子だった。

「なあC、海に行った時のこと覚えてるか?あの時Aに変な電話がかかってきただろ」
「ああ、そういえばあったな」
「あの電話、俺の所にもかかってきたんだ…」
「何だって!?」
「俺、死ぬのかな…Aはあの電話の後死んだだろ…?」
「そんなの偶然だよ。そうだ、久しぶりに会わないか?」
「そうだな…会おう」

待ち合わせの日、先に着いたCはBを待っていたが、Bはなかなか現れない。
心配したCはBに電話をしてみるが、誰も出ない。
結局その日、Bは待ち合わせ場所に現れなかった。
数日後、CはBが待ち合わせ場所に来る途中、交通事故にあって死んだことを聞いた。

それ以来電話に出ることが恐ろしくなったCは、電話がかかっても留守電を通すなどし、
直接電話に出ることをしないようにした。
数ヶ月がたっても特に何も起こらず、Cも電話のことを忘れかけていた。

ある日、Cは最近できた彼女と電話で話していた。Cは彼女との長電話を楽しみ、
翌日遊びにいく約束をし、電話を切った。
しかし、受話器を置いてすぐに再び電話がなった。
Cは彼女が何か言い忘れたのだろうと思い、受話器を取った。

「あなた…キュルキュルキュル…でしょ?」

Cは焦った。あの電話だ…!「おい、誰なんだ!?いたずらはやめろ!」
「あなた…キュルキュルキュル…でしょ? あなた…キュルキュルキュル…でしょ? あなた…キュルキュルキュル…でしょ?
 あなた…キュルキュルキュル…でしょ? あなた…キュルキュルキュル…でしょ? あなた…」
Cは怯えながらも、電話を切ったら自分も死ぬと思い、ずっと受話器を握り締めていた。
何時間が経っただろうか、気がつけば空も白み始めている。
さすがにCも限界だった。

しかし、その頃から電話の「キュルキュルキュル」というテープの早送りのような部分が
徐々にゆっくりとなっていった。
「あなた…キュルキュルキュル…でしょ? あなた… キュル キュル キュル …でしょ? あなた…」
「キュルキュルキュル」の部分は少しずつ人の声へと近づいていく。
そして、とうとうはっきりと声が聞こえるようになった。

「あなた…死にたいんでしょ?」

「俺は死にたくない!死にたくない!!」Cがそう叫んだ瞬間、電話は切れた。
Cはそれからも元気に暮らしているらしい。
スポンサーサイト
  1. 2005/07/04(月) 16:16:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
06 | 2005/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Links

Recent Comments

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。