ほんのりと怖い話。

ほんのりと怖い話を日々更新して逝きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヤリノサキ~ソノニ

その後だけど、お経をあげてもらって、普通にお盆を過ごしました。
岩手県の夏は本当に綺麗で、この地域でそんな悲しい出来事があったなんて信じられないくらい。
けど、俺はやっぱり元気が出なくて怖くて当分ビビって過ごしていました。
夜がとにかく怖かった。
その度に爺ちゃんやオッサンが大丈夫だとは言ってくれたけど、
やっぱどうしても怖かったんだよね。

けど、釣り好きだから、また懲りずに夜釣りへ出かけました。
坊さんからは何か変なお守りらしきのを貰っていたし。
何て言えばいいのかな、木を本当に薄くスライスしたものみたいなのに文字が書いてあるやつ。
確か三文字くらいだったかな。勿論、漢字。
梵字ではなかったと思います。
夜釣りをしていると、あ、この時はオッサンも一緒です。爺ちゃんも一緒。
静かな海だったな。凪は落ち着いてて、ウミタナゴがよく釣れました。

爺ちゃんが釣りをしながら俺に話しかけてきたんだけど
「どこらへんで○○を見たんだ?どのあたりだ?」
って言ってきました。○○の名前は思い出せない。人名ではなかった。
何かモノの名前だと思う。きっとそれは立っていた人のことなんだろうけど何だったかな。
何か思い出せないの嫌だな。
俺はあのあたりって言って海の真ん中あたりを指しました。
人差し指では指さずに、目線で以って指した。人差し指で指すとね、
何かまた怖いこと起きるんじゃないかって思っちゃって。
完全にビビりですねw

「そうか…」
って爺ちゃんが言って、涙ぐんでました。
そんな爺ちゃんを見るのが初めてだったから、ビックリしたんだけど、そこでオッサンがいいからいいから…って言って無理やり俺に釣りを続けさせました。

釣りから帰ってくるとすぐに婆ちゃんから、早く盆棚に拝んできなさいって言われて、盆棚に拝みに行ったの。
また夜で、怖かった。斜め隣がどうしても気になっちゃうんだよね。

すると父ちゃんが俺の隣に来て、昔の話をしてくれました。
父ちゃんが経験した話。前記したとは思うんですが、おんぶされたって
やつね。

「父ちゃんはいきなりな、誰かにピョンって飛び乗られたみたいに
重くなってな、動けなくなってな、腹っこ…腹…。取ってけっつぇ…
って言われたんだ。お前ももしかしたらこういう言葉を聞いたかもしれないな。
けどな、それを怖いと思っちゃいけないって爺ちゃんに言われたんだぞ。
まあ無理だよな、確かに怖いしな。怖いかもしれないけど、ここの地域に
そんな悲しい話があったんだ。それを覚えておけば怖いとは思わなくなるさ」

みたいな感じだった。
今思うと、襖開けたくせによく言うわって感じなんだけどねw
しまりのない後日談はこんな感じです。。。

ちなみに、分かっている事は

飢饉があったという事。さっき調べましたが、岩手県って冷害が結構あったらしいです。
東北地方の沿岸部は季節風の「やませ」というのが吹きます。それが続いて吹くと農業も漁業もうまくいきませんので。
「やませ」は必ず毎年吹くものなのですが度合いが違います。

また、飢饉以外にもそれを超える出来事がありました。詳しく書くと
地域を特定されてしまう為に省略しちゃうけど。
綺麗な自然とは対照的に過去にはたくさん悲しいことがあった土地なんだよね。
その地域自体は大好きなところだけど。

あと、やたらと地域のつながりが強い。
意味不明な神事らしき事をよくしていた。
誰かが死んだらは絶対に魚、肉、ネギ類は食べない。

あんまり俺の体験とは関係ないかもだけどね。



>しかしやはり槍というものの性格上、自殺というのは考えにくい。
>しかも1本の槍を使い回して多人数が自殺なんてありえない。
>鏃が本家にあること、また「お寺さ…やんた…」という言葉から、
>村の権力者と寺が何らかの取り決めを行い・・・と考えるのが自然かも。
↑のレスに対し、



それも突っ込んで聞いたことあるよ。
食いぶち減らしとかじゃなかったの?って。
そしたらそれだけは絶対にしない約束が昔からあったらしい。本当かはわからないけど。
むしろ本家はその地域の人達と みんなで何とかしようとしてたらしいよ。
階級みたいなのはあくまで表面だけで、本家本家と言っても表面だけのものなの。

あと、ちなみに実際は餓死が圧倒的に多かったらしい。
海へ身投げや刃物類自殺もあったにはあったらしいけど。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/11(火) 14:36:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ワラニンギョウ | ホーム | ヤリノサキ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://honnori.blog14.fc2.com/tb.php/133-afe66bb3
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Links

Recent Comments

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。