ほんのりと怖い話。

ほんのりと怖い話を日々更新して逝きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ユウカク

友達の彼氏がむかしソープの店員やってて、その頃に店で起きた話。
浅草にあるそのソープに、Aという熟女が働いてた。まじめに働く
彼女が、ある日から無断欠勤。連絡がとれない日々が続いた。
Aが無断欠勤した最初の日。
そのAと仲の良い、そこで働いてる女の子が店のトイレに入った。
「きゃ~!!」
突然店内に響く叫び声。かけつける従業員。「どうしたんだっ!」
「窓に・・・Aさんが・・!!」震える声で答える女の子。

その子が入ったトイレの窓は開いていたらしいんだが、
その店の建物と隣の建物とはわずかしかスペースがなく、とても人が
立てる隙間がないのだそうだ。そこにAがにこにこ笑いながらいたと言う。
「まさか~。」「疲れてるんじゃない」半信半疑でなだめる従業員。
しかしその後も欠勤しているのに自分の個室から出入りするAを見た
という女の子が続出した。

さらに何日かして店に警察から電話がきて、事件となった。
Aは恋人がいた。高校生ぐらいの娘と暮らしていたが
その娘とAの恋人ができてしまった。Aが何か自分の夢のために
貯めていた金に目がくらんだ男は娘をそそのかし、Aの金に手をつけた。
それがAに発覚し娘と共謀して殺してしまい、死体を遺棄、逃走。
店はしばらく大騒ぎだったらしい。
浅草のソープ街は古く遊廓の跡地であり、千束あたりに確か遊女の
ための慰霊碑があった記憶がある。
他の店でも幽霊が出る店は多かったと友人の彼氏は話していた。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/11(木) 14:35:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<クビナシノキセキ | ホーム | クロネコ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://honnori.blog14.fc2.com/tb.php/71-b20f90ce
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Links

Recent Comments

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。