ほんのりと怖い話。

ほんのりと怖い話を日々更新して逝きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジュウジロ

僕は霊感はないと思ってるんだが・・・マジの話です。
大学1年の時、近所のバーでアルバイトをしてたんです。
仕事柄、終わるのが遅くて、その日も午前1時をまわってました。
自転車で自宅に帰る途中にいつも通る見通しのいい十字路に差し掛りました。

東西南北で言うと僕は西から東へと進んでてその十字路が見えたあたりで
なんか声がしてきました。
十字路に近づくとなにやら声が聞こえてきて・・・
さらに十字路に近づくとそれがはっきりと「赤ちゃんの声」に聞こえてきました。
思わず「何?」と思ったんだけど、その十字路を越えないと家に帰れない
わけで・・・、怖くなったけどその十字路まで差し掛かったんです。

その十字路は南北に車通りが多いんで(その時は夜中なんで車はなかったが)
一応、スピードを落として止まるわけですよ。
もちろん赤ちゃんの泣き声はしてるんですよ。。
んで、見たくもないのに気になって、南の方を振り向くと、
人が歩いてこっちに向かっていました。

「げっ!」と思ってよく見ると・・・・
女の人がこっちに向かってくきました。
かなり近くまで来ると彼女の様子がわかったんですが・・・
いわゆる死に装束っていうんでしょうか、白い着物に黒い帯した
髪の長い女の人でした。しかも・・・よく見ると腕の中に
裸の赤子を抱いてるんです。

「ギョエー!」と思ってその人の顔を見た瞬間、
その人と目が合ってしまいました。
彼女は僕の顔を見て「ニヤッ」と笑って近づいてきた・・・
あとはもう、あまりの怖さで自転車走らせて逃げたんです。
もちろん後ろは振り向けませんでした・・・。

幸い、家に帰るまでは何もなく、その後も何もなかったんですが・・・。
ちょっとした後日談があるんです。

この話を同じ大学に行っていた近所の友人に話して怖いなー
とか言ってたんですが・・、
数日後、彼が顔色変えて僕のところに来てこう言いました。

彼は僕のバイト先の近所で塾講師をしていたんですが、
生徒と怖い話になった時にオバケ見たことあるやついるか?
って話になって、一人の生徒が手を上げて話したんです。
それが・・・、僕とおなじ場所で同じ人を見たって・・・。
「おまえが見たのは本物だぜ」って言われました。

しかし、本当にオバケだったのか、本当の人(変質者?)だったのか、
そっちにしてもかなり怖い人だった・・・。
というか赤ちゃん(裸の)抱いて夜中裸足で歩いてたんですよ・・・

これはマジの話です!
スポンサーサイト
  1. 2005/08/24(水) 14:11:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サングラス | ホーム | カイガンゾイ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://honnori.blog14.fc2.com/tb.php/84-c8da69c6
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Links

Recent Comments

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。